メガネレンズ処方せんの見方など

レンズ交換



【処方せん説明】
Sph(単にSの一文字で記される場合もあります)とは球面のことで、通常、近視(-)、遠視(+)、老眼(+)の度数を表します。
Cyl(単にCの一文字で記される場合もあります)とは円柱のことで、通常、乱視の度数を表します。乱視がない場合は無記入か0.00と記されています。
AXとは乱視の軸の角度を表します。乱視がない場合は無記入です。
PDとは瞳孔間距離を表します。だいたい60〜70ミリの数値が記されています。
<処方せん記入例>
   R: S-3.50 C-0.75 AX90
   L: S-3.25 C-1.00 AX90
   PD: 64

メガネのサイズ

49□18-140 とは?

テンプル(つる)の裏側に「49□18-140」のように数字が書かれています。これは、以下のような部位の寸法(ミリメートル)を表しています。「49」は「玉型(レンズ)の幅」、「18」は「山幅(ブリッジ幅)」、「140」はテンプルの長さを表しています。

メガネのサイズの解説図1
メガネのサイズの解説図2


レンズ交換のトップページ眼鏡レンズ処方せんなど解説お申込み/お問合せ訪問販売法表示

Copyright © メガネの病院/眼鏡修理専門店 2005 Allright Reserved.
当サイト内に掲載されたすべての内容について、無断転載、複製、複写、盗用を禁じます。
メガネの病院/眼鏡修理専門店のサイトはリンクフリーです。 メガネの病院/眼鏡修理専門店のアニメジフ