メガネ修理日記(?)

メガネ修理日記(?)バックナンバー

[メガネ修理日記(?)目次] [メガネ修理日記(?)最新版] [メガネの病院トップ]

2003年1月15日(水) ラジオ番組に生出演

大阪朝日放送のラジオ番組「東西南北龍介がゆく!」(AM8:30〜11:20)に声のなま出演。
「根性で直します!」と大見得を切って、そこそこ評判が良かったのだが、後日、録音テープを聴いて、今一つのしゃべりに落ち込む(;;)

2003年1月15日(水) 産経新聞様サマ

産経新聞様サマが4段ぶち抜きの見出しで「メガネの病院」の紹介記事を掲載。(^o^)
記事の切抜きを送って頂いたお客さまにも感謝!

2003年1月16日(木) メディア、恐るべし

それにしても既存のメディア、恐るべし!凄まじい電話とメールの嵐にしばしパニック状態。
でも数々の「出会い」が生まれた。
10年間、保存してあったメガネを直してもらえると喜んだ人がいた。こちらの方が嬉しくて涙が出た。
ありがとうございます。必ずきれいに修理します。あと10年使って下さい。

2003年1月18日(土) 二次元の世界

車に轢かれたという「メガネのせんべい」が送られてくる。う〜ん、二次元の世界に近いかも(爆)。
初の「白旗」となるか。「根性で直します」なんて言うんじゃなかった。口は災いの元。とほほ。
今のうちに言っておこうっと、「象に踏まれた」とかいうのは送って来ないでください。(^^;

2003年1月27日(月) 修理不能

ついに「修理不能」が出てしまいました(涙)。セルフレームの折れたやつです。
不能原因は、折れた箇所もさることながら、かなり古いもので「セル生地」そのものが枯れて脆くなっていることでした。
新しければ何とかなったのかと言われれば、う〜ん、やってみなけりゃわからないとしか申せません。
セルフレームというのはプラスチックフレームの総称でして、セルフレームだからセルロイドというわけではありません。材質や折れた状態によって接合できるかどうか決まります。いずれにせよ、たいへんな「難物」です。正直、トライしてみないとわからないのです。

[メガネ修理日記(?)目次] [メガネ修理日記(?)最新版] [メガネの病院トップ]

info@megane119.com